プレスリリース

2020/7/27

日本語教育機関向けオンライン学習プラットフォーム「Saola」、プレシードラウンドの資金調達完了

概要

日本語教育機関向けオンライン学習プラットフォームを開発・提供するSaolaは7月15日にエンジェル投資家(以下、共創家)を引受先として700万円の第三者割当増資を実施しました。「明日を善くし、世界を近づける」というMissionの基、2020年4月9日に設立し、海外から来日した外国人が少しでも「善い」体験ができるプラットフォーム「枠組み」を実現します。

目指す世界観

Saolaは、在留外国人の日本での経験をより豊かなものにする「共創基盤」を創造します。

 現在、在留外国人は約300万人に達しており、留学生・技能実習・特定技能など様々な領域に多数の社会課題が潜んでいます。例えば、留学生の就職率は36%(出典:JASSO)と低く、また技能実習生の失踪は後を断ちません。さらに昨今のコロナの影響で日本語学習機関の機能が大きく停滞し、課題が一気に噴出しました。

 これらの社会課題を解決するには「在留外国人の価値を再認識できる共創基盤の構築」、「彼らの潜在的価値の可視化」、「周辺関係者への価値提案」という各要素の強い結びつきが不可欠です。私たちは日本語教育というフィールドの再構築から始め、学習過程や行動特性の可視化によって価値を提案し、その後周辺プレイヤーとの共創を目指します。その結果、在留外国人が日本でより善い体験ができるサポートをしていきたいと考えています。

 私たちに関わる在留外国人1人1人の持っている価値を可視化し、最大化までの一貫支援によって、日本での経験がより豊かになると信じています。

 その道はおそらく簡単なものではありませんが、私たちは大きな社会課題に寄り添い、新しい世界の共創のために一つ一つ丁寧に解決していきます。

調達した資金の用途

・現在リリース済のα版サービス改善と機能拡充
・β版提供に向け、日本語教育に特化した学習効果・モチベーション計測などの機能拡充
・事業拡大と、今後の在留外国人のライフスタイルのサポートを行う「共創基盤」構築のために必要な人材の採用強化

共創家の一言

中村 勇介 氏

商社→アーリー期のベンチャー企業を経てリスタートのベンチャー企業の代表取締役社長に就任。3年後創業家にバイアウトし、株式会社ファンステージを創業。7年間経営した後、株式会社Orchestra Holdings(東証一部上場)の100%子会社にバイアウト。その後デロイトトーマツベンチャーサポートにてスタートアップ支援に従事。2020年6月より独立しエンジェル投資、スタートアップ顧問などを行う。

この度素敵なご縁のもと出資させていただき共創家として参画をいたしました。上尾CEOとはデロイト時代の同僚で当時からその聡明さと人を巻き込める熱量がとても好印象で、近い将来何かやられるのであればどこかで関わらせていただきたいと考えておりました。(近い将来がまさかこんなすぐとは想定してませんでしたが笑)

領域についてプロフェッショナルではないのですが、自身の起業家経験などから経営陣に寄り添ってご支援できればと考えております。よろしくお願いいたします。

工藤 拓人 氏

2011年より弁護士としてアジアで活躍する日系企業の法務サポートを開始し、2014年からはベトナムに居住してCast Law Vietnamの代表としてベトナムでの法務に特化した支援を行う。現在は「Luatsu(ルーツ)」というアジアの専門家を繋ぐプラットフォームの代表も務める。

アジアから多くの留学生を受け入れている日本で、留学生が教育面・生活面で十分な環境におかれていないケースをよく耳にします。私が普段サポートしているアジアへ日本人・企業の進出だけでなく、日本に来てくれる外国人の環境の充実があってこそ、はじめて双方向の国際交流が発展するでしょう。上尾さん、柴井さんのその強い思いに共感し、今回は投資もさせていただくことになりました。アジアの弁護士として、専門分野でも強力にバックアップをしていきたいと考えています。

高橋 朋康 氏

東京工業大学大学院修了。旭硝子(現:AGC)、リクルートを経てHeritageWorks株式会社を創業。経営企画業務・新規事業創出・事業投資・事業承継を支援する『レンタル経営企画室』サービスの提供、医療福祉事業を手がける。

私は、シンガポールで中学・高校の5年間を過ごした事で、大きく価値観が変化しました。

異国の地での生活における苦労は避けて通れず、また計り知れない事の連続でした。

そのため、日本でチャレンジされている在留外国人の方々を敬服すると共に、少しでも日本での生活を善いものにして頂きたい思いから、Saolaの理念に共感し、投資いたしました。

門田 健治 氏

英国にて大学院修了後、外資系コンサルティングファームにジョイン。製薬企業を中心に、戦略策定から実行まで幅広く支援。

私は縁があり、英国留学時代の友人(外国人)と結婚しました。

また私生活では NGOに所属し、外国人向けにバレーボール・イベントの開催をお手伝いしております。私が英国で楽しんだように、少しでも日本に滞在する外国人の方の体験がよくなればと考え、よりよい社会をみなさんと一緒に形成する一助となれればと思っております。Saola社をよろしくお願いいたします。

上尾 透眞

日本に居ながら普段の生活ではあまり目を向ける機会のない在留外国人ですが、日本に在住するにあたり、実に多くの課題を抱えています。

これらの課題の背景には一言で括る事が困難なほど様々な要因が取り巻いております。

私たちは社会問題に切り込んでいく一つのベンチャーとして、あらゆるステークホルダーとの利害調整を行いながら、真に日本に来ていただいた外国人に対して、少しでも豊かな経験を提供できるソリューションを提供します。

これらの価値創造に共感して頂いた「共創家」の皆様のそれぞれの想いをカタチにするため奔走できればと思います。

柴井 伶太

「日本に関心を持ってくださった人の体験を少しだけ善くしたい」という思いに強く共感していただいた一流の共創家の方々の参画を大変嬉しく思います。共創家のご経験と視点をお借りし、さらにギアを上げ、そしてお客様に対する更なる価値を創出していきます。小さい取り組みを続け、無限の想像力によって、少しだけ社会を進めていく過程の大きな一歩です。

サービス概要

「Saola」は、日本や海外にある日本語教育機関を対象としたオンライン日本語学習プラットフォームです。「授業計画の配信」から「オンライン授業」、「宿題への取り組み」、「生徒の管理」までをAll in Oneで行います。それによって教育サービスの複数利用によって発生するムダの削減はもちろん、学習データ・モチベーションの定点観測によって学生の目指すライフスタイルの実現を目指します。

会社概要

正式名称:株式会社Saola

所在地:東京都渋谷区神南1-20-2 第一清水ビル3階

代表取締役:上尾透眞

共同創業者取締役:柴井伶太

事業内容:教育プラットフォームの開発・運営

創業年月日:2020年4月9日

URL:https://saola.co.jp/