日本語教育の

オンライン化を

支援する。

日本語教育における
オンライン化の課題

日本語学校の課題

持続的にオンライン授業
移行する必要がある

日本語特化のサービスが少なく、
関連サービスの管理が煩雑

教育管理システムがオンライン
教育に対応していない

送り出し機関の課題

持続的にオンライン授業
移行する必要がある

日本国籍教師の不足による
生徒の語学力低下

生徒の技能可視化
管理団体への報告

Saolaは上記のような
授業のオンライン化に伴う
様々な課題を解消します。

Saolaの3つの強み

All in One

モチベーション管理

直感的な操作

Saolaは3つの強みで
学習管理システム利用における
費用を56%削減し、

教師様の宿題採点・成績管理の
工数を55%削減します。

LMS + オンラインサービスの

費用削減

56%

教師様の採点・成績管理の

工数削減

55%

01

All in One

授業計画から生徒の進捗確認まで
一気通貫で管理

学習計画

いつでもどこでも、
授業計画や課題を作成して
生徒に共有できます。

オンライン授業

授業ごとの専用ページから
誰でもボタン一つで授業に
参加できます。

課題・テスト

オンラインで行うことで
解答用紙を作成したり、
回収する必要もありません。

成績管理

面倒な出欠・宿題の管理を
すべて自動化。ひとつひとつ
手入力しなくて済みます。

02

モチベーション
管理

生徒のモチベーションを高め、
学習効率を向上

生徒一人一人の状況を3つの
観点から毎日/毎月定点観測

学習満足度

人間関係

生活満足度

毎日の授業後に手軽に回答できるサーベイを、
毎月の終わりに1か月の振り返りを、
生徒に対してオンラインで実施し、記録します。
生徒一人ひとりの状況をデータで管理します。

毎月レポートにまとめ、
生徒の状態を数字で可視化

毎日・毎月のサーベイの結果や、普段の授業成績をもとに、
毎月一人ひとりレポートを作成し、先生にご提供。
モチベーションや点数の推移をグラフにまとめることで、
どこで、何が原因で躓いているのか、数字をもとに判断可能です。
生徒の人生に伴走できる「伴奏者」へ。

03

直感的な
操作方法

年齢・国籍問わず誰でも簡単に操作できるスムーズなサービス設計

初めての利用でもすぐに使えるよう、数クリックで操作が完了。
また外国籍の学生にも分かりやすいようアイコンを利用して
直感的に操作できるようにしました。
面倒なマニュアルに別れを告げ、スムーズな授業体験をしましょう。

Saolaでできること

授業シラバスの作成

いつ誰がどんな授業をするのか、教師様ならだれでも作成・編集ができます。

教材のアップロード

教科書や資料を事前にアップロードすることで生徒にスムーズに共有ができ、紛失することもありません。

宿題管理

オンラインで宿題を作成・実施することで配布や回収の手間を省きます。また選択式の宿題なら自動採点してくれます。

リアルタイム授業

自宅にいても、海外にいても、誰でもボタン一つで簡単に授業を始められます。

出欠管理

授業への出欠席を自動で記録するため、手入力で管理する必要がありません。誰がいつ休んだのか、一目瞭然です。

チャットでの連絡

宿題に関して連絡したいとき、授業でのトラブルが発生したとき、サービス内で生徒に連絡が取れます。

ログイン履歴の確認

オンラインサービスだからこそ、誰がどれだけ学習をしているのかデータで管理することができます。

毎日・毎月のサーベイ

授業後、毎月末にサーベイを自動で実施することで、生徒の状態を数字で記録・管理できます。

生徒のレポート確認

宿題の点数や出席率、サーベイの結果などをレポートにまとめてご提供。生徒の状態を細かく把握できます。

and more ...

Saolaは無料でサービスの
デモ体験が可能です。

導入のご検討の際に
ぜひご利用ください。

ご予約はこちら